うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX

いままで気になってたけど知らなかったことや行ったことがなかったとこを紹介する

サイト内検索

*

京都迎賓館の内部に潜入しよう!2回目

      2018/06/06

うみのすけですヽ(^o^)丿

 

まだまだ暑いですが風に秋の気配を感じます

 

気のせい?

 

いやいや、ひと雨ふた雨あれば確実に涼しくなりそうですよ

 

 

 

 

 

今回も出来たらポチッとクリック しちゃってください。
ブログランキング)に参加しています。

 

是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

 

 

前回は京都迎賓館の正面玄関を入るところでおわりましたね。

 

今回はその続きです

 

 

 

正面玄関でスリッパに履き替えいざ内部へ

 

正面玄関を右手に進むと「聚楽の間」です

 

 

「聚楽の間」はロビーとしての位置づけの間だそうです。

 

晩餐会などの際には随員の待合にもなるそうです。

 

「京指物」の技術と有識織物を用いた安楽椅子が並んでます

014

 

貧乏性の私はこの椅子に飲み物でもこぼしたらえらいことだな?とか考えてしまいます(笑)

 

 

 

お部屋の全体的な写真は内閣府のHPで(笑)

「聚楽の間」 です

 

 

 

このお部屋には京都の伝統工芸品も展示されてました

012

 

 

 

 

お次のお部屋は「夕映(ゆうばえ)の間」です

 

 

この部屋は大臣会合などの会議や立礼式のお茶のおもてなし、賓客の歓迎セレモニー会場などにも使用されます

017

 

 

東西の壁面は日本画家の箱崎睦昌氏の下絵を基に綴織り(つづれおり)という技法で制作された織物で、縦2.3m、横8.6mもあります

 

東側が京都の東にそびえる比叡山を月が照らす様を描いた「比叡月映」、西側が京都の西に連なる愛宕山に夕日が沈む様を描いた「愛宕夕照」です。

 

 

東側の「比叡月映」

029

 

 

 

西側の「愛宕夕照」

018

 

部屋の南側の庭には白い砂利が敷かれその上に清水焼の陶工 清水六兵衛氏の作品がありました

031_2

 

調度品もすばらしいです

033

 

次は藤の間へ向かいますが・・

 

 

 

続きはまた次回にします

 - 未分類

  関連記事

湯けむり紀行 27 神話が息づく山懐の泥湯温泉

うみのすけです   一応生存してます(笑)     …

被災地の現状を見に行く 1 女川へ

おひさしぶりです(´・_・`)   うみのすけです。。。   …

パート3 迎賓館(赤坂離宮)を見学してみよう

うみのすけです。   予想通り台風が過ぎ去ったら急に気温が下がりました …

お召し列車

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます …

トナカイって美味しいの?

うみのすけです 2月ももうすぐ終わりですね。 こないだ年があけたばかりと思ってい …

会社からの富士山

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます …

クジ運悪い

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます …

ダイオウイカに会いに行こう!

うみのすけです。   蝉が鳴き出して夏だな?と感じますね 熱中症には注 …

都内で軽くお花見

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます …

幕末動乱の舞台と銘酒の都

このたびの東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます …