うみのすけの役に立つ(かもしれない)ブログ DX

いままで気になってたけど知らなかったことや行ったことがなかったとこを紹介する

サイト内検索

*

話題の相鉄・JR相互直通運転を体験

  2019/12/05    まち歩き, 鉄道

 

こんにちは

うみのすけです

師走ですね。。

令和元年も早いものでもうすぐ終了。

こないだ元号が変わったのにあっという間ですな~

 

今回も出来たらポチッと・・クリック しちゃってください。
(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

11月30日に相鉄とJRが相互直通運転を開始しました。

相鉄にとっては長年の悲願であった都心直通がついに達成されました。

 

相鉄線は「西谷」から分岐し新しく開業した「羽沢横浜国大」駅を経てJR東海道貨物線、横須賀線、湘南新宿ライン経由で「渋谷」、「新宿」と直通され、さらには朝夕一部電車は埼京線経由で」「大宮」まで直通します。

今回の開業で最短で「二俣川~新宿が44分」「大和~渋谷が45分」「海老名~武蔵小杉が36分」になるそうで都心がぐっと近くなりました。

運転本数は1日92本(46往復)で日中は約30分おき、朝夕ラッシュ時は約15分おきに走っています。

たまたま開業の日にそちら方面での用事がありましたので乗車してみました。

新宿から海老名行きに乗車してみます。

新宿駅2番線は相鉄直通列車用みたいになってます。JRで唯一?特急料金がいらない特急(笑)ですが特急区間は相鉄線内のみです。

お客さんはかなり乗ってますがマニアばっかり・・

しゅっぱーつ

武蔵小杉までは湘南新宿ラインと変わりません

武蔵小杉を出ると列車は貨物線に入ります。横須賀線の隣の線を走りますが「新川崎」駅はホームが無いので横を通過。

鶴見付近で東海道線と合流しますが貨物線はすぐに地下に潜ります。トンネルを抜けると貨物駅「横浜羽沢」駅が左手に。

そしてまた地下に入ってすぐに新しい駅「羽沢横浜国大」駅に到着。ここから相鉄線です

地下をしばらく走り地上に出ると相鉄線の「西谷」駅に到着です

新宿から43分でした。

西谷でちょっと降りて観察します。

西谷から羽沢横浜国大方面を見る。トンネルに入る線が新線です。

帰りは「羽沢横浜国大」駅で降りてみます

人が・・・すごい・・大混雑です(笑)

この駅で相鉄からJRに乗務員が引継ぎされます

ホームからJR方面線路を眺めてみます。

この先で4線になり外側2線はJR (←若干見えているトンネル方面)、内側2線が将来的に東急東横線直通方面につながるようです。

先日タモリ倶楽部という番組で特集され駅名板にタモリがサインした箇所もありました(笑)

 

今回使ってみて非常に便利だなと感じました

相鉄沿線の人ならなおさらでしょう

やっぱり乗り換えなしは大きいですね

もう少し落ち着いたらまたじっくり見に行きたいと思います

 

 

ローマ教皇をチラ見

  2019/11/28    うんちく・小ネタ

こんにちは

まだコートを着ないうみのすけです

12月まで我慢したいけど。。耐えられるかな?

 

今回も出来たらポチッと・・クリック しちゃってください。
(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

ローマ・カトリックの最高指導者である教皇フランシスコが11月23日から4日間来日しました。教皇としては38年ぶりで長崎・広島などを訪問され「核廃絶」を伝えたそうです。

東京ドームでは5万人規模のミサも催されたそうで・・

たまたま通りかかったら・・

グッズが売られているとは!

しかもかなり充実度(笑)

アイドルのコンサート並みです。

 

皆さんおそろいのTシャツを着てミサに参加したりしたのでしょうか?

そして移動してたらちょうど教皇が来るとのことでちょっとファン?信者?の方々に交じって待機

しばらく待機していると

来た~~

TOYOTAの燃料電池自動車「MIRAI」の特注車にご乗車

水素で作った電気で走る自動車で二酸化炭素を排出しないエコカーだそうです。

教皇は進行方向左側の後席に乗車

私がいるのは右側。。。。

窓をあけてくださっていましたがチラッとしかお姿が拝見できませんでした

 

まあこれも何かの縁ですから、何かご加護があるかもしれません!

 

あ、余談ですが

私はキリスト教徒でもなんでもないです(笑)

侍ジャパン世界一

  2019/11/22    未分類

こんにちは

うみのすけです

11月なのに寒いですね。。

秋が無いうちに冬がきそうです。。(笑)

今回も出来たらポチッと・・クリック しちゃってください。
(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

野球の日本代表「侍ジャパン」はWBSCプレミア12 決勝で韓国を破り2009年ぶりに世界一に輝きました!

半年後のオリンピックにも弾みがつく世界一ですね。

実は先日その「侍ジャパン」対メキシコ戦を東京ドームにて観覧してきました!

外野の応援団に混じり声援を送ってきました(笑)

日本もメキシコも両者2勝1敗で絶対勝たねばならない1戦で緊張感漂うなかのゲーム

日本が先制し、いいムード

投手陣も圧巻のピッチングで終わってみれば1安打ホームランの1点に抑え見事な勝利!!

なかなか興奮する好ゲームでした

今後の侍ジャパンも楽しみですね

なにせ世界一ですから!

 

 

お召列車を見てきたよ

  2019/11/11    うんちく・小ネタ

こんにちは

うみのすけです

かなり久しぶりになりました。

怠慢すぎてこのコーナーもそのうち打ち切りになるかも。。(笑)

そうならないようにしなくては

今回も出来たらポチッと・・クリック しちゃってください。
(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

天皇陛下の即位祝賀パレード「祝賀御列の儀」も無事終わったみたいで、これにて「即位の礼」のすべてが終了したことになります。

5月に令和に変わり天皇陛下もひと段落といったとこでしょう

即位の礼の少し前の9月には天皇皇后両陛下は国体に参加されるため、令和初のお召列車が茨城県の勝田駅まで運転され話題になりました。

このブログでも以前(2012年・2011年)にお召列車のお話をしていますが、久々にまた運行時間に時間があったので見に行きました。

今回は常磐線を使用しての運転で撮影地を模索しましたが茨城県の佐貫駅付近でお見送りをすることにしました。

お召列車の詳細な通過時刻などは公表されてはいませんが事前に官報などに陛下の行動予定が掲載されますのでそこから推測します。

早朝に出かけてみるとすでに沿線各地たくさんの人が。。そして相変わらずたくさんの警察官が。。

茨城県警の腕章をした私服警官もたくさんです。

先日のパレードもそうですが見学・撮影には条件が付けられることが多いので注意が必要です。

まず、陸橋・オーバーパスなどの上からの見下ろしは禁止です。排除や通行制限されます。

パレードではバルコニーや窓からののぞき込み・撮影も禁止だったようですね。

また、お召列車と並走することや追い抜きも禁止です。

常磐線は取手まで複々線ですから普段並走する各駅停車はお召列車が近づくと並走しないよう駅に止まって調整します。

踏切や沿線でも線路に近づいたりは禁止です。また、通過時にペットボトルなどを持つことも禁止と言われました。

これは危険物投げ込み防止のためと思われます

常にお召列車の先行でヘリコプターが空から監視しています。これは各県警のヘリになりますので県境付近で隣県の県警ヘリに引き継ぎます

厳重な警戒のもと撮影したのがこちら

事前は雨予報の天気でしたが見事晴れました。この場所担当?のおまわりさんからいくつか注意事項がありましたが終始なごやかな雰囲気の中通過していきました。前から3両目が御乗用特別車両です。

また機会があれば拝見したいですね。

 

 

 

 

 

 

鮮やかな赤い新車

  2019/02/11    うんちく・小ネタ

こんにちは

うみのすけです

暖かい日が来て春近しと思えば寒波が来て雪が降ったりと体調崩しがちですのできをつけましょう

インフルエンザも注意ですね

今回も出来たらポチッとクリック しちゃってください。

(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

いつもお世話になっている地下鉄の丸ノ内線

2019年2月に新車の2000系を導入することが発表されています。

現在の銀色に赤い帯の「02」系は1988年から導入されもう30年も経つんですね。。

新しい車両のコンセプトは「色-Color- 四季に映える鮮やかな挿し色」「形-Form- 活力あるTOKYOのカタチ」「機能-Function- 安心を支える先進の機能」だそうです。

メディアなどに紹介された赤い新型車両・・2月導入なのに全然見かけない・・

と思ったら、やっと試運転車両に遭遇しました!

鮮やかな赤い色!可愛い丸窓。全体的に丸いです。丸ノ内線だから丸いの?(笑)

丸ノ内線のイメージにもなっている「サインウェーブ」も!

ほんの1分ぐらいで走り去っていきました。

この車両は車両内に防犯カメラが設置されてあったり、電源コンセントがついていたり、女性の要望に応え荷物だなの高さを低くしたりと機能的にも満足できる仕様になっているようです

はやく乗ってみたいですね

 

 

 

湯けむり紀行 31 小説の舞台にもなった金沢の奥座敷

  2019/01/01    温泉

こんにちは

うみのすけです

新年あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

平成最後のお正月ですね。のんびりされてますでしょうか?

今年は災害のない年になればいいですね!

今回も出来たらポチッとクリック しちゃってください。

(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

年明け1発目は温泉から

 

加賀百万石の金沢周辺には多くの古湯が存在します。

和倉温泉や加賀温泉郷など有名な温泉も多いですが、実は小さい温泉地ながらも歴史ある湯が存在します。

今回ご紹介する温泉はそんな歴史ある小さな温泉です。

金沢の隣の隣、能美市にある辰口温泉という温泉です。

金沢から車で約40分

電車なら金沢から約15分の松任駅から車で20分。

公共交通機関のみで行くなら金沢から電車で能美根上駅という駅まで行きコミュニティバスか小松駅からバスです。

辰口温泉は開湯1400年の歴史ある湯で、明治の文豪で金沢生まれの泉鏡花も幼少の頃からたびたび訪れ、小説「海の鳴る時」にも登場します。

温泉街・・というようなものもなくひっそりと大きな旅館が3軒ほど建つのみの本当に小さい温泉です。

 

私は今回コミュニティバスで訪問しました。コミュニティバスは遠回りをしてこまめに地元の街を回るので駅から温泉まで1時間です。

温泉のことをバスの運転手さんや乗客の地元のおばあちゃんに伺うと、とても地域の方に愛されて大切にされている温泉だと感じました。ただ・・観光客がバスで行くなんてことはめったに無いらしくかなり珍しがられました(笑)

外湯もあるようで、最近できた「総湯 里山の湯」という立派な日帰り入浴施設があり、なかなか良さそうな感じでしたが。。

バスの中で知り合ったおばあちゃんから「里山の湯は高いから違うところに行く」というのでおばあちゃんについて行ってみました(笑)

そんな施設は事前調べではあがってこなかったんですが・・

バスが終点の辰口福祉会館に到着すると・・まさにその会館が温泉施設とのこと!

外観からは全くわからず表記もなし。

会館の中に入っていくと申し訳程度の看板が・・

料金はなんと200円。地元の方は100円です。

里山の湯が510円だから確かに安い!

さっそく入ってみました。

 

シャンプーやボディソープなどの備え付けはないもののすごく綺麗な温泉です。

肝心のお湯は無色透明。匂いもなし。

残念ながら湯量の関係で循環ろ過、消毒あり、加温加水ありですが、塩素臭も全然感じず非常に心地のいい湯です。

湧出温度は38度、PHは7.6ということでしたので「弱アルカリ性」の「温泉」です。

泉質はナトリウムー硫酸塩泉・塩化物泉です。

泉温が低めなのでやはり加温が必要なのですね。

とても快適で長湯をしてしまいました(‘◇’)ゞ

あまり歴史をかんじたり。。というのは無かったですがとても良い湯でした。

 

余談ですが。。。温泉を出た後バスで知り合ったおばあちゃんとラーメンを食べにご一緒させていただいて帰りも一緒のバスでかえりました(笑)

暖かい地元の方とのふれあいも楽しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

身長150㎝以上の方は通行注意?

こんにちは

うみのすけです

ハロウィンの騒ぎもひと段落。いよいよ街はクリスマスモードですかね。

今回も出来たらポチッとクリック しちゃってください。

(ブログランキング)に参加しています。 是非ワンクリックをお願いします。(^o^)

 

世の中には高さや重さで制限を受けたりするものが様々。

特に日本は狭い建築物が多かったりするので背の高い人にはつらい場所も多いですね。

今回はそんな背の高い人にはちょっとツラい場所を紹介します。

 

場所は品川駅から田町方面に第一京浜国道を歩くこと約15分。泉岳寺駅からはすぐの場所。

この場所にJRの線路をくぐるガードがあります。

これが今回紹介する「高輪橋架道橋」です。

実はこのガードがクセ物で高さ制限がやたら低い!

なんと1.5m

 

身長150cm以上の人は屈まなきゃ通れません(笑)

高身長の人にはつらい架道橋です。

ただ、驚くことにこの架道橋は歩行者だけでなく自転車、自動車も通行します!

道幅は狭いので車は一方通行です。

都内の道路で一番低いらしいです。

乗用車ならなんとか。。ワゴン車は無理

タクシーは天井についてる行燈と呼ばれる標識灯と線路のガードがギリギリ。最近流行のジャパンタクシーは通れません。

かつてタクシーの行燈がよくひっかかって壊れたことがあったそうで「ちょうちん殺しのガード」などとも呼ばれています。

この付近のタクシーは行燈も含めて高さ1.5mに収まるようにされているといいます。

 

このガード。。しかも長い!

JR京浜東北線の北行、南行、山手線の内回り、外回り、東海道線の上り下り、これだけで6本の線路。

さらにここには広大なJRの広大な車両基地があったので何十本もの線路をくぐり、さらには東海道新幹線を越え、昔汐留まで伸びていた貨物線をくぐる。その距離約250mだそうです。

今回は東側から西側へ抜けます。

歩いてみると。。確かに低い!

電車が近い(笑)

轟音をたてて列車が通過していきます。

さらに進むと天井はコンクリートになり、より高さは低くなり圧迫感が増し薄暗い

もはやトンネルです。

 

タクシーが結構な速度で通過していきます。

ようやく出口です。

 

タクシーの行燈が当たってるのでしょうか・・なぜかコンクリートの中央部分が欠けていて(笑)

 

この架道橋の南側には品川新駅が開業予定で、新駅開業とともに再開発地域内にある架道橋も閉鎖となるでしょう。

 

では、どうしてこんなに低い架道橋ができたのか?

実は元々は水路だったのです。

明治時代初期、鉄道が通ったころはこの西側一帯は海だったそうです。

海岸線はちょうど第一京浜国道のところあたりで、鉄道の築堤と海岸線の間には南北に細長い運河が通っていてその運河と海を繋ぐ水路こそ、この架道橋の場所だったとのことです。高輪付近には大きな船溜まりもあったそうです。

後年西側の海も埋めたてられ、水路も道路に変わりましたが高さを確保するには道路を掘りこんだりせねばならず、さらには掘りこめば海より低くなり水があふれ出ることからこの高さのままだったようです。

都内の珍名所も消滅まであとわずか。。

面白さと同時に明治以来の歴史にも触れられる名所でした。